兄夫婦がマイナンバーで大騒ぎしています

兄夫婦がマイナンバーで大騒ぎしています

マイナンバーを導入しますと言われた時に、会社員である私にとっては「ふ〜ん、だから何?」というまるで関係ない感じでその話を聞いていましたね。もっとも、会社員やましてや私のようなOLではそういう反応も珍しくはないと思うんですよね。このマイナンバーを導入されたからと言って、結局は税金は今まで通り天引きのままです。

 

マイナンバー導入で税金が安くなるとでも言われれば「何それ!」と関心も持つのでしょうが、徴収される税金の額が同じで、徴収方法も変わらないのであれば気になんかならないですよね。それよりもむしろ、会社は今年度は昇給があるのかなとか、賞与はどれくらい出るのかなとかそちらの方が気になったりしますよ。

 

ところが、私の兄夫婦はこのマイナンバー導入に関して、私とは全く異なる反応を示していました。兄夫婦は自営業で雑貨屋を経営しているのですが、妹の私から見てもそれなりに売上を出しているように見えます。しかし羽振りが異様に良いというわけではなく、生活のレベルは到って普通といった感じでしたね。だからこそ何故あそこまで大騒ぎしていたのか分からなかったのですが、よくよく聞いてみて理解をすることが出来ました。他の自営業の方はどうか分かりませんが、兄夫婦はあの手この手で徴税を免れていたそうなんです。もちろん青色確定申告をしていますので、怪しい使途不明金があったりはしないはずです。だからこそ、兄夫婦は私と同様にマイナンバーに関しては「だから何?」というスタンスでいるのかなと思ったのですが……。

 

詳細は聞いていないので、その後の兄夫婦がどう税金に対して向き合っていくのかは知りません。しかし、肉親だからこそ言いたくなりますが、税金くらいちゃんと払ってほしいです。会社員であれば経費は使えませんし、問答無用で税金も徴収されます。もちろん、健康保険や厚生年金などの恩恵もあるわけですが、それでもやはり税金を支払っていない人は心を改めてほしいです。そして将来に向けて、明るい国作りの一翼を担ってほしいですよ。自分さえ良ければという考えはダメです!
"

際に情報の漏えいが起こったときの対策をしっかり練っておくこともマイナンバーの担当や管理者には必要なのです。 マイナンバーの情報漏えい対策・企業の情報セキュリティならマイナンバーエイド