マイナンバーと個人情報の取り扱いについて

マイナンバーと個人情報の取り扱いについて

マイナンバーが配布される前からずっと不安があったのですが、配られてしまったからにはしょうがないと思って盗まれたり悪用したりされないように厳重に保管しているのですが、これから銀行の口座などにも紐付けされたりするという構想もあるらしく、悪用されたらどうなるんだろうと全然不安は治まりません。

 

脱税対策などいい意味でも使われるかもしれませんが、そんなことをしていない人間からすれば個人情報がどんどん流出されてしまうのはないかという不安でいっぱいになります。もし情報が漏れて何か悪用されても何か保証があるとも思えませんし、正直政府や企業が本当に個人情報をきちんと管理してくれるのか信用できません。

 

制度を運用を進めることばかり考えていて、どういった問題が起きると想定されるかや何か問題が起きた時の対策などそういった面での考えがあまりないように思います。すべてにおいて楽観的で認識が甘いのではないかなと思います。犯罪者は常に金になる方法や抜け道を探しているのですから、真面目に仕事をしてきただけの官僚や役人がどれだけの発想を持ってマイナンバーに関する犯罪を想定しているのかわかりませんし、国から何らかの強制や罰金などがなければ、企業が進んで何か対策することがあるとは思えません。

 

企業はお客様への対策はまだ考えるでしょうけど、社員などの個人情報についての取り扱いについてどれだけの対策をしてくれるのかはわかりません。中小企業などそんな個人情報対策に使えるような費用や知識が必ずしもあるとは思えません。そういった場合の政府の援助などがしっかりあるのか疑問です。

 

マイナンバーをポイントカードと一緒にするなどという話もありますが、普通のポイントカードで記入するような個人情報も書くのをためらう事がありますし、実際そういった情報が流出するという事もあるのに、何の根拠があってそんなことをして上手くいくと思うのかさっぱりわかりません。"

際に情報の漏えいが起こったときの対策をしっかり練っておくこともマイナンバーの担当や管理者には必要なのです。 マイナンバーの情報漏えい対策・企業の情報セキュリティならマイナンバーエイド