マイナンバーを知られるリスクって結局どうなの?

マイナンバーを知られるリスクって結局どうなの?

マイナンバー、というものが始まったのは、国民の番号が、基礎年金番号や、健康保険証の番号、納税の番号、運転免許証、パスポート、住民票など、個人を区別するための番号がそれぞれの行政であまりにもバラバラに区切られているので、それを統一するものを、ということで始まりました。
しかし国民の感覚として、マイナンバーに対する不信感というか、不安感のようなものを感じている人も多くいます。勝手にそんな、国民一人ひとりに割り振られた番号なんていう制度を始められても、もし奪われたり、流出させられたらどうなってしまうのだろう、といった不安です。銀行口座を勝手に作られたり、クレジットカードを作られたりして犯罪に巻き込まれたりということはないのでしょうか。

 

結論からいうと、マイナンバーを単独で知られてしまったからといって、そういう心配はないようです。
そもそも銀行口座を作るときにマイナンバーだけでは作れないからです。運転免許証やパスポートなど、顔写真が確認できるものが必要です。それがないとしたら、もっとたくさんの書類を同時に提出する必要があります。
逆に、運転免許証やパスポートさえあれば、マイナンバーの提示がなくても契約できるものはたくさんあります。消費者金融などでは、マイナンバーは提示しなくても運転免許証があればお金を借りることはできるのです。
ですからむしろ、これまでどおり、運転免許証の紛失や偽造などを心配したほうがいいというくらいです。

 

ただもちろん、無意味にマイナンバーを知らせるのは良くありません。単独では効力がなくても、ある書類にプラスしてマイナンバーがあると説得力が増すからです。
特に問題に直結するわけではなくても、初対面の相手に住所を教えたりしないでしょう。それと同じようなことです。住所と違ってマイナンバーは一生変わりません。
そして、そもそもマイナンバーは勤務先に提示しますし、健康保険や年金事務所などにも提示します。提示する機会は多く、必死に隠しておかなければならないようなものではないのです。

際に情報の漏えいが起こったときの対策をしっかり練っておくこともマイナンバーの担当や管理者には必要なのです。 マイナンバーの情報漏えい対策・企業の情報セキュリティならマイナンバーエイド